(社)金融財政事情研究会は2010年6月に創立60周年を迎えました。
そこで、2010年1年間を「60周年イヤー」として、数々の企画を実施しました。

創立60周年記念シンポジウム
危機後の金融新秩序と世界経済の構造変化へどう対応するか

1) トップマネジメント部会 7月22日
2) 人材開発部会
新時代を切り開く人材育成の要諦
7月20・21日
3) 人事戦略部会
雇用ルールの新たなグランドデザインを示す
7月20日
4) 事業再生戦略部会
新倒産法制10年を検証する―事業再生実務の進化と課題―
7月21日
5) FP部会
顧客ニーズに的確に対応するFPへ
7月24日

また、記念出版として、「新訂 貸出管理回収手続双書」「注釈民事再生法」などを順次刊行し、また各定期刊行誌の特集を企画してきました。

ごあいさつ

photo_anniversary

株式会社 きんざいは
1950年(昭和25年)、故福田赳夫元総理大臣を中心に設立された社団法人金融財政事情研究会を前身としており、1971年(昭和46年)社団法人の営業部門を分離・独立して発足した株式会社です。

以後、現在に至るまで社団法人金融財政事情研究会との業務委託契約に基づき、同研究会が企画・制作する各種定期刊行誌、書籍、教育研修事業等の販売業務、および「ファイナンシャル・プランニング技能士」(FP・国家資格)を始めとする各種金融実務通信講座の企画制作等を主な業務としています。

その具体的な内容は、
社団法人金融財政事情研究会が指定試験機関として実施している国家資格試験(厚生労働省認定)「ファイナンシャル・プランニング技能士」および「金融窓口サービス技能士」に対応する通信講座、研修講座等の企画制作を始め、同社団が企画制作する

  1. 「週刊金融財政事情」、「金融法務事情」(半月刊)、月刊「消費者信用」等の定期刊行誌
  2. 金融経営に関する実務書、
  3. 金融業務に関する研修講座、およびセミナー・講習会等の販売業務

特に、国家資格「FP技能士」は、近年その社会的評価の高まりとともに年間受験者が数十万人を超えるまでに普及しております。これに対応して当社が企画制作する通信教育講座、教本、テキスト等は他社の追随を許さない充実ぶりとの評価を得ており、多くの金融機関で研修カリキュラムに導入されています。

当社が販売を取り扱っている「週刊金融財政事情」は、行政情報と先進的金融経営情報を中心とした唯一の金融専門週刊誌として金融界エグゼクティブ層から圧倒的な支持を得ており、また「金融法務事情」は、必須の実務誌として評価されています。

代表取締役社長   冨川 洋