2014/7

平成26年6月における証券外務員資格試験に影響を与える改正は以下のとおりです。

1.「外務員等資格試験に関する規則」等の一部改正

(平成27年1月1日施行:日本証券業協会)

(1) 概要

 この改正は、特別会員四種外務員資格試験の受験者数が極端に減少しており、今後も大幅な増加が見込めない状況であることから、一定の猶予期間を設けた後に特別会員四種外務員資格試験を廃止するものです。

(2) 対応策と結論

 証券外務員試験において出題される可能性がありません。また、施行まで半年以上ありますが、このような改正があるということだけ参考までに知っておいてください。

2.「売買単位の統一に向けた有価証券上場規程等」の一部改正

(平成26年7月1日施行:東京・名古屋・札幌・福岡証券取引所)

(1) 概要

 この改正は、上場会社が一部指定や市場変更などを行う場合には、売買単位が100株単位となることを要するというものです。

(2) 対応策と結論

 証券外務員試験において出題される可能性がありませんが、株式の売買単位が100株単位に統一される方向であるという結論は覚えてください。

 なお、日本証券業協会において「定款」等の一部改正が行われましたが、この改正は、現時点において証券外務員試験で出題される可能性は極めて低いので詳細の記載は省略いたします。

以上