2009/04

平成21年4月における証券外務員資格試験に影響を与える改正は、以下のとおりです。

1.「協会員の投資勧誘、顧客管理等に関する規則」の一部改正

(協会の定める日から施行:日本証券業協会)

(1)概要

 この改正は、内部者取引の未然防止に必要なインフラ整備として日本証券業協会が行ってきたJ-IRISS(ジェイ・アイリス Japan-Insider Registration & Identification Support System)の構築に伴い、「協会員の投資勧誘、顧客管理等に関する規則」を一部改正するものです。
 J-IRISSは、日本証券業協会が構築し、上場会社は自社の役員に関する情報をJ-IRISSに登録します。証券会社は、顧客口座簿に基づいてJ-IRISSに照合しなければなりません。 「協会員の投資勧誘、顧客管理等に関する規則」には以下のルールが定められます。

  1. 協会員は、上場会社等の特定有価証券等に係る売買等を行う顧客(法人を除く。以下同じ。)について顧客カードに記載されている顧客の氏名、生年月日及び住所について、年1回以上、J-IRISSに照合しなければならなりません。
  2. 協会員は、J-IRISSへの照合の結果を踏まえ、上場会社等の役員等に該当するか否かにつき確認し、遅滞なく、内部者登録カードを整備しなければなりません。
  3. 協会員は、J-IRISSへの照合の結果、J-IRISS から情報の提供を受けた場合には、内部者登録カードの整備等以外の目的で当該情報を使用してはなりません。

(2)対応策と結論

 現時点で施行日は決定していませんが、インサイダー取引の未然防止のために整備された重要なシステムですので、試験に出題される可能が高いと考えられます。したがって、いつ施行されても対応できるようにしておく必要があります。

 上記以外にも、日本証券業協会において「有価証券の引受け等に関する規則」の一部改正及び「人事推薦合同委員会規則」の一部改正が、東京証券取引所において「金融商品取引業等に関する内閣府令」の改正に伴う取引参加者における不公正取引の防止のための売買管理体制に関する規則の一部改正が行われました。
 これらの改正は証券外務員試験で出題される可能性はきわめて低いので、詳細の記載は省略いたします。

以上

想定問題はこちら