2015/4 平成27年4月における証券外務員資格試験に影響を与える改正は以下のとおりです。

1.日経平均オプション取引に係る限月取引の設定方法の一部変更に伴う業務規程等の一部改正

(平成27年5月25日施行:大阪取引所)

概要

 今回の改正は、日経平均オプション取引にWeekly オプションが導入されることに伴い、日経平均オプション取引に係る限月取引の設定方法の一部変更等を行うものです。 Weekly オプションは、通常オプションが設定されていない各週の金曜日に満期日を迎える限月取引です。なお、Weekly オプションの導入に伴い、これまでの第二金曜日の前営業日を取引最終日とする日経平均オプションの限月取引は「通常限月取引」、Weekly オプションである各週の金曜日の前営業日を取引最終日とする日経平均オプションの限月取引は「週次設定限月取引」として区別されます。

 
Weekly オプション概要は以下のとおりです。
項 目
概要
原資産 日経平均株価指数
取引時間 日中: 9:00 ~ 15:15
夜間: 16:30 ~ 3:00
限 月 各週の金曜日(第二金曜日を除き、休業日に当たるときは順次繰り上げ)の前営業日を取引最終日とする限月取引(以下「週次設定限月取引」といいます。)とし、直近の4週次設定限月取引となります
取引単位 日経平均×1,000
呼 値 ・50円以下       1円
・50円超、1,000円以下 5円
・1,000円超     10円
最終決済 各週の金曜日(第二金曜日は除く)
権利行使価格

新規設定:取引開始日の前日における最終の日経平均株価の数値に最も近接する125円の整数倍の数値及び当該数値に近 接する上下各8種類の125円の整数倍の数値となります。
追加設定:前営業日の最終の日経平均株価の数値に最も近接する権利行使価格を上回るまたは下回る権利行使価格が、それぞれ125円刻みで連続する8種類となるまで設定されます。

対応策と結論

 権利行使価格の設定数に違いなどはありますが、基本の仕組みは今までの日経平均オプション取引と同じです。したがって、日経平均オプション取引に「各週の金曜日(第二金曜日を除き、休業日に当たるときは順次繰り上げ)の前営業日を取引最終日とする週次設定限月取引」が追加されたという結論を覚えてください。

2.平成26年会社法改正に伴う有価証券上場規程等の一部改正

(平成27年5月1日施行:東京・札幌・名古屋・福岡証券取引所)

概要

 今回の改正は、平成27年5月1日に施行される「会社法の一部を改正する法律」において、特別支配株主の株式等売渡請求制度が導入されるほか、社外取締役や社外監査役の社外性要件の一部緩和が行われることなどを踏まえて、適時開示事由の見直しなどを行うものです。

対応策と結論

 証券外務員試験においては、有価証券上場規程の詳細が出題される可能性は低いと考えられますので、対応する必要はありません。

 なお、平成27年5月1日に施行される「会社法の一部を改正する法律」の主な改正点は、既に平成27年度版外務員必携においてその改正が反映されているため、詳細の記載は省略いたします。

3.インフラファンド市場の開設に伴う有価証券上場規程等の一部改正

(平成27年4月30日施行:東京証券取引所)

概要

 今回の改正は、インフラファンド市場の開設に伴い、インフラファンド市場に係る上場制度等の整備を行うものです。

 インフラファンド市場は、内国インフラファンド、外国インフラファンド及び外国インフラファンド信託受益証券が上場されます。なお、インフラファンドとは、投資者の資金を主としてインフラ資産等に対する投資として運用することを目的とするファンドです。

対応策と結論

 実際にインフラファンド市場が開設され、取引が活発になるかどうかによって重要度が変わってくると思われます。現時点においては、インフラファンド市場に関連する事項の詳細が外務員試験で出題される可能性は低いと考えられます。したがって、「インフラファンドとは、投資者の資金を主としてインフラ資産等に対する投資として運用することを目的とするファンドである。」という定義のみ参考までに覚えておいてください。

 
 上記以外に、東京・札幌・名古屋証券取引所において、「arrowheadのリニューアルに伴う「業務規程」等の一部改正」が行われました。福岡証券取引所では「売買システムの更新に係る連続約定気配の表示条件の見直しに伴う呼値に関する規則の一部改正」が行われ、大阪取引所では「会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う取引参加者規程施行規則等の一部改正」が行われました。
 また、日本証券業協会において、「会社法の改正に伴う自主規制規則の一部改正」が行われました。
 これらの改正は、現時点において証券外務員試験で出題される可能性は極めて低いので詳細の記載は省略いたします。

以上