2016/1
 

平成27年12月における証券外務員資格試験に影響を与える改正は以下のとおりです。

1.少額投資非課税制度(NISA)の年間の非課税投資額の上限の引き上げ

(平成28年1月1日より:金融庁)

概要

 平成28年1月より少額投資非課税制度(NISA)の年間の非課税投資額の上限が100万円から120万円に引き上げられます。購入できる金額は年間 120 万円まで、そして非課税期間は5年間となりますので、非課税投資総額は最大 600 万円(年間 120 万円×5年)となります。

対応策と結論

 この改正は、単純に少額投資非課税制度(NISA)の年間の非課税投資額の上限を100万円から120万円に引き上げるものです。この金額の変更は試験対策だけではなく、実務においても非常に重要ですので、しっかりと覚えてください。

2.上場株式の売買単位を100株に集約する時期の決定

(平成30年10月1日より:国内の証券取引所)

概要

 2015年12月17日に国内の証券取引所は、上場株式の売買単位を100株に集約する時期を、2018年10月1日にすると発表しました。

対応策と結論

 2年以上先の話ですので、すぐに証券外務員試験への影響があるものではありませんが、2018年10月1日より上場株式の売買単位は100株に統一されるということは参考までに知っておいてください。

以上

想定問題はこちら