問題1.

東証株価指数オプション取引の四半期限月取引以外の限月取引(期間が5か月であるものに限る。)及び四半期限月取引の権利行使価格は、指数オプション取引における東証株価指数の数値につき、50ポイント刻みで設定する50ポイントの整数倍の数値とし、東京証券取引所が定めるところにより9種類設定されます。

問題2.

東京証券取引所における有価証券オプション取引については、マーケットメイカー制度が設けられましたが、東京証券取引所における国債証券先物オプション取引についてはマーケットメイカー制度が設けられていません。

問題3.

S&P/TOPIX150オプションの四半期限月取引以外の限月取引(期間が4か月であるものに限る。)の権利行使価格数は、指数オプション取引におけるS&P/TOPIX150の数値につき、25ポイント刻みで設定する25ポイントの整数倍の数値とし、東京証券取引所が定めるところにより19種類設定されます。

解答ページへ