平成29年9月における証券外務員資格試験に影響を与える改正は以下のとおりです。

1.地場出し・地場受け規制の廃止にかかる「協会員の従業員に関する規則」等の一部改正

(平成29年8月1日施行:日本証券業協会)

概要

 この改正により、従来禁止されていた協会員の従業員が他の協会員を通じて有価証券の売買注文を出す「地場出し」、そのような注文を受ける「地場受け」に関して規制が廃止されました。取引形態の変化により、本規制による不正行為の摘発や防止の効果が限られている状況にあることなどが、改正の背景にあります。有価証券のみならず、信用取引、有価証券関連デリバティブ取引または特定店頭デリバティブ取引等についても規制の対象から外れることになります。
※従業員が自己の計算において信用取引等を行うことは、今までどおり禁止されています。

対応策と結論

 今まで、地場出し・地場受けは出題頻度の高い分野でした。特に問われていたのが、①国債や投資信託を売買する場合、②所属協会員の書面による承諾を受けている場合には、地場出し・地場受け規制の対象にならないという点でしたが、今後は改正により、①、②にかかわらず、地場出し・地場受け規制を受けることは原則ありません。従前の制度との誤認を誘う出題も想定されますので、その点注意してください。
 なお、各協会員が社内規定により、地場出しや地場受けを禁止することは今後も考えられます。こちらは各協会員の対応次第ということになります。

 以上