2011/12

平成23年11月における証券外務員資格試験に影響を与える改正は以下のとおりです。

1.「先物取引のTdex+システムへの移行に伴う業務規程等の一部改正」の施行 (平成23年11月21日施行:東京証券取引所)

(1) 概要
 この改正は、先物取引(国債証券先物取引、指数先物取引)を、オプション取引を取り扱うTdex+システムに移行することに伴い、先物取引制度等の一部見直しを行うものです。またこれに併せて、先物取引へマーケットメーカー制度が導入されます。

(2) 対応策と結論
 今回の主な改正は証券外務員試験に出題される可能性が低い項目がほとんどですが、「先物取引にマーケットメーカー制度が導入された」という結論は覚えてください。

2.国内証券取引所の取引時間の変更
 (平成23年11月21日開始:国内証券取引所)

(1) 概要
 現物市場および派生商品市場における取引時間が一部拡大されます。主な内容としては、株式等の現物市場の午前の取引時間が9:00~11:00から30分延長され、9:00~11:30までとなりました。

(2) 対応策と結論
 証券外務員試験では取引時間に関する詳細な問題は出題されていませんが、実務上の基本的な内容となりますので、9:00~11:00から9:00~11:30に変更されたという結論は覚えてください。

 上記以外にも、平成23年金融商品取引法等改正の一部が施行されました。また、日本証券業協会において「有価証券の引受け等に関する規則」の一部改正(平成24年1月1日施行)が行われることが発表されました。しかしながら、これらの改正は現時点において証券外務員試験で出題される可能性は極めて低いので、詳細の記載は省略いたします。

以上