問題1.

利付債の利子は、利子が支払われるときに一律に20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)が源泉徴収される源泉分離課税となります。

問題2.

抵当証券の利息や金貯蓄口座の収益は雑所得または譲渡所得に分類されますが、利子所得と同様に一律に20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)が源泉徴収される源泉分離課税となります。

問題3.

一般の割引債の償還差益は、発行時に所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%が源泉徴収され課税関係は終了します。

解答ページへ