金融実務のすべてを網羅し、設問・結論・解説の形式で 
わかりやすく解説した「最も信頼できる金融実務の定本」
平成25年刊行の『銀行窓口の法務対策4500講』を、書名も改め4年ぶりに全面刷新!

書籍版(全5巻)     

〔体裁〕B5判
〔各巻〕本体9,000円+税
〔全5巻セット〕本体45,000円+税

社内ネットワーク用データ版

個別にお見積り申し上げます。お問い合わせ下さい。

金融機関の法務対策5000講 巻別構成

Ⅰ巻 金融機関の定義・コンプライアンス・取引の相手方・預金 編  
Ⅱ巻 為替・手形小切手・電子記録債権・付随業務・周辺業務 編
Ⅲ巻 貸出・管理・保証 編
Ⅳ巻 担保 編
Ⅴ巻 回収・担保権の実行・私的整理・法的整理 編

金融機関の法務対策とは……

  • 第一線で活躍する金融実務家、弁護士、裁判所関係者からなる豪華執筆陣による大幅改訂!
  • 初版(1958年)発刊以後、半世紀を越える実績!
  • 実務で起こりうるあらゆる問題点を網羅。「設問」→「結論」→「解説」の形式でわかりやすく構成!
  • 「解説」では根拠となる法令や判例が明記され、実務上必要なさまざまな論点に言及!

5000講はココが新しい!

Point 1 実務でより使いやすく
◇金融機関の営業店実務に必須のバイブル、約500講増!
◇判型をA5判からB5判に変更。図表や書式などはより見やすい形に!
◇担保に関する設問では、『担保書式便覧【不動産編】』(小林明彦・藤本忠久編集代表)掲載の関連書式を掲載!
◇社内ネットワーク用データ版は、パソコンに加えてタブレット、スマホでも検索・閲覧可能に!

Point 2 民法(債権関係)改正法にも完全対応  
◇2017年5月に成立し、3年以内の施行される「民法(債権関係)改正法」に即して記述を追加。現行民法との比較を盛り込んだ丁寧でわかりやすい解説で、実務への影響をいち早く理解可能!

Point 3 最新の実務動向をフォロー
◇金融機関の定義・種類…銀行法、金融機関に関わる法律上の規定を解説する章を新設!
◇コーポレートガバナンス…平成26年の改正会社法に対応した、銀行の機関設計に役立つ設問を追加!
◇FinTech…平成29年に見込まれる銀行法の改正も踏まえた設問を新設!
◇経営者保証ガイドライン…平成26年に適応開始されたガイドラインに基づく実務を詳細に解説!
◇協同組織金融機関…員外貸付や協同組織のガバナンスなどについての設問を大幅に増補!
◇金融機関の危機管理態勢と事業継続マネジメント…実務に即したトピックを精査し、よりわかりやすく実務に即した記述に!
◇中小企業への経営改善支援…事業承継、M&A、認定支援機関、経営改善計画などの設問を大幅増補!
◇事業再生と倒産処理…全面的に構成を見直し、「私的整理」「法的整理」「事業再生の手法」に再整理!

*価格、仕様、内容などは予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

<企画・制作>
株式会社きんざい 出版部
 TEL:03-3355-2251
 FAX:03-3357-7416

<販売>
株式会社きんざい カスタマー・サービス・センター 
〒160-8520 東京都新宿区南元町19 
TEL:03-3358-2891(直通) 
FAX:03-3358-0037