DCプランナー

年金制度の普及や運営・管理を行う実務家としての役割が期待されているDCプランナー。「企業年金総合プランナー」として活躍が期待される現在、きんざいでは資格取得に向けた様々な対策プログラムをご用意しております。

DCプランナーとは

DCプランナーとは、Defined Contribution(確定拠出年金)の略で、DCを核に年金制度全般にわたる専門的な知識に加え、投資やライフプランに関する知識までを併せもつ、公共性と専門性を兼ね備えた“企業年金総合プランナー”です。

DCプランナーは、年金教育の専門家として、年金制度全般にわたる正しい知識を普及・啓発する役割を担うとともに、新しい年金制度を適切に運営・管理する実務家として、法令を遵守し、加入者保護の視点から説明責任や受託者責任を果たす、といった役割が期待されています。

きんざいではDCプランナーを目指す方々に向け、様々な試験対策を問題集やセミナー実施しております。

DCプランナー認定試験について

※ DCプランナー1級および2級は、2020年度をもってPBT方式による実施を終了し、2021年度からCBT(Computer-Based Testing)方式による試験で実施します。

種目・受験資格と受検手数料

〔DCプランナー1級認定試験〕
‹受検資格›DCプランナー2級合格者
A分野(年金・退職給付制度等) 90分  4,400円(税込)
B分野(確定拠出年金制度) 90分  4,400円 (税込)
C分野(老後資産形成マネジメント) 90分  4,400円 (税込)

〔DCプランナー2級認定試験〕
‹受検資格›どなたでも受験できます
120分 6,600円 (税込)

2021年度以降の試験日程(DCプランナー1級、DCプランナー2級)
■CBT試験予約開始:2021年6月7日(月)正午
■CBT試験配信開始:2021年9月6日(月)

関連情報