教材(テキスト・問題集・アプリ)に関するご質問

このページでは、証券外務員試験に関する情報や、お客さまから寄せられるよくあるご質問を紹介しています。
情報の更新は随時行っておりますが、実際の試験等については日本証券業協会までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

弊社の教材(テキスト・問題集・アプリ)に関するご質問

Q.試験まで時間がないのですが、どのように学習すればよいですか?
A.時間がない方は、アプリの模擬試験を繰り返し解いて、平均得点率が9割を超えるまで学習してみてください。問題は丸暗記してしまっても構いません。時間のある方は、引っ掛かった問題について、解説の参照Qをもとにテキストの記述を再確認してください。
Q.きんざい以外のテキストや問題集も、やっておいた方がいいですか?
A.きんざいのテキストと問題集は、ひととおり学習すれば合格レベルの知識が十分身に付くように作成しておりますので、他の教材は必要ありません。
Q.新年度版のテキストや問題集は、毎年何月頃に刊行されますか?
A.会員二種・一種のテキスト・問題集は毎年5月頃(特別会員一種・二種テキストは毎年8月頃)に刊行されます。ただし、年度途中に制度改正があった場合、試験には新しい問題が出題されますので、受験前には証券外務員資格試験コーナーのページをご確認ください。
なお、内部管理責任者の問題解説集は、10月から12月頃の刊行となります。

Q.テキストや問題集が昨年度のものなのですが、これでも大丈夫ですか?
A.二種・一種試験は毎年春に、内部管理責任者試験は毎年秋に、試験内容の見直しが行われますが、年度によって大幅な改訂が加わる年もあります。最新版をご購入いただくことをお勧めします。
アプリには、何回分の模擬試験が入っているのですか?
A.各問題集付属のアプリに入っている模擬試験の回数は、以下のとおりです。
二種 5回分
一種 5回分
特別会員一種・二種 特別会員二種3回分
特別会員一種3回分
会員・特別会員 内部管理責任者 会員内部管理責任者3回分
特別会員内部管理責任者3回分
Q.アプリの模擬試験の解説に書かれている(ⅠQ32)(ⅡQ25)等は何を意味していますか?
A.(   )は、テキストの参照箇所を示します。
<二種・一種>
(ⅠQ32)であれば、よくわかる証券外務員試験対策講座第1分冊(最短合格よくわかる証券外務員二種上巻)のQ32に、(ⅡQ25)であれば、よくわかる証券外務員試験対策講座第2分冊(最短合格よくわかる証券外務員二種下巻)のQ25に、(ⅢQ17)であれば、よくわかる証券外務員試験対策講座第3分冊(最短合格よくわかる証券外務員一種)に、詳しい解説が載っています。
<特別会員一種・二種>
(Q1)であれば、『最短合格 特別会員証券外務員一種・二種』のQ1に、詳しい解説が載っています。
<内部管理責任者>
(2-5-(1))であれば、よくわかる証券外務員試験対策講座 別冊 内部管理責任者試験問題解説集(『会員 特別会員共通 最短合格 よくわかる証券外務員内部管理責任者試験問題解説集』)の解説2-5-(1)に、詳しい解説が載っています。
Q.アプリの問題だけ解けば、合格できますか?
A.アプリに入っている模擬試験は、実際の試験に則って構成されていますが、すべてをカバーしているわけではありません。また、本番の試験の内容は受験者ごとに異なります(大量の問題ストックのなかから、ランダムに出題されます)ので、アプリに入っていても出題されない問題、アプリに入っていなかったのに出題される問題等もあります。問題集に載っている問題や、テキストに載っている問題についても再確認しましょう。
Q.スマートフォン(タブレット)で、アプリのコンテンツが表示されないのですが、どうすればいいですか?
A.アプリのご利用には、問題集付属のアクティベーションコードが必要です。まず、GooglePlayまたはAppStoreで「ノウン(NTTアドバンステクノロジ)」をインストール(ダウンロード)し、Webブラウザでノウン(https://knoun.jp/activate)にアクセスしてアクティベーションコードを入力してください。続けて、新規ユーザー登録を行いログインすると、コンテンツが表示されます。「学習開始」ボタンをクリックすると、コンテンツが自動的にダウンロードされ、学習を始めることができます。
詳しい操作方法は問題集の「デジタル学習」ページをご覧ください。
●ノウンアプリに関するお問い合わせ先:NTTアドバンステクノロジ
※ノウンアプリ内「メニュー」の「お問い合わせ」フォームもしくはメール(support@knoun.jp)にてお問い合わせください。
Q.問題集付属の模擬試験は、スマートフォン(タブレット)以外では利用できませんか?
A.スマートフォン(タブレット)以外では、パソコン等でご利用いただけます。ご利用にあたっての推奨環境は、問題集の「デジタル学習」のページをご覧ください。