企業価値とオプション評価のロジックと実務―基礎的手法・数理・法務のすべて

書籍

詳細を見る
企業価値とオプションの評価に関する理論と実際を、豊富な事例をもとに解説

・第1章(基礎的手法)では、DCF法やEconomic Profit法(EP法)を用いたインカム・アプローチ、同業他社との相対比較により価値評価を行うマーケット・アプローチなどの基礎的な手法の仕組みと、実務への応用事例を解説
・第2章(数理)では、オプションの価値の評価について、日常で起こり得る「現実的な問題」をもとに、「数学的な問題」への変換の手法と問題の解き方を詳説
・第3章(法務)では、会社法の観点から、企業価値の評価、オプションの評価をどのように考えればよいか、判例を示しながら具体的に論述