詳説 バーゼル規制の実務―バーゼルIII最終化で変わる金融規制

書籍

詳細を見る
バーゼルⅢの完全適用に向けて、規制の全体像を実務に則して体系的に解説

◆バーゼルⅢ最終合意後のマーケット・リスク規制の見直し、TLAC(総損失吸収力)保有規制や証券化商品の見直し、グローバルなシステム上重要な銀行(G-SIB)に対する資本保全バッファーの上乗せなど、2019年3月末までに公表された規則・府令等を反映
◆前著『バーゼル規制とその実務』(2014年2月刊行)以降の5年間におけるバーゼル規制改革の進展を網羅的に整理
◆2022年の改革実施に際して、金融機関において必要となる基本的な考え方や計測手法をこの一冊で理解できる!