KINZAIバリュー叢書 BtoB決済 デジタライゼーション―XML電文で実現する金融EDIと手形・小切手の電子化


詳細を見る
2018年12月、日本の決済インフラが大きく変わり始めた。

◆XML電文により送金電文に格納できる情報量が拡大し、商流情報を含む金融EDIの活用機会が格段に広がった。
◆一方、「紙」の手形・小切手を廃止し、電子記録債権等に移行する動きもいよいよ本格化しつつある。
◆企業は、決済のデジタライゼーションをいかに自らの競争力強化につなげ、金融機関はサポートしていくのか―企業の財務担当者、銀行の法人担当者必携の一冊。