あらましとQ&Aでわかるカスハラ

書籍

詳細を見る
「カスハラ」とはカスタマーハラスメントのこと。会社がカスハラ対策として何をしなければならないか、従業員である「あなた」がカスハラに対峙したときにどう折衝すればよいかがわかります。

会社がクレーマーから受けるクレームには、①事業や経営の改善につながるもの、②改善につながらないが悪質ではないもの、③改善につながらないだけでなく悪質なものがあります。①から③はクレームですが、③はカスハラでもあります。本書ではカスハラと企業の安全配慮義務との関係を説明し、「会社は基本方針や対応マニュアルをどのようにつくればよいか」「カスハラを未然に防止するにはどのように対応すればよいか」「従業員はどのように折衝すればよいか」「長時間拘束された場合、従業員はどう対処すればよいか」「会社は弁護士にどのタイミングで依頼すればよいか」など30余りのQ&Aでお答えします。

会社の総務・人事・企画部門などのほか
お客様と接する従業員すべての方にお勧めします!