ICT・AI時代の個人情報保護

書籍

詳細を見る
「データの世紀」において個人データを取り扱う
事業者にはどのような規律が求められているのか?
目を向けるべきは「個人情報保護法」だけではない!
◆コロナウイルス禍対応(接触確認アプリなど)を含め、プライバシー権、個人に関する情報の保護をめぐる最新の問題状況を分析
◆「仮名加工情報」の創設、本人の利用停止・消去等請求権の強化など2020年に改正された個人情報保護法のポイントを詳解
◆ヨーロッパのGDPR、アメリカ(カリフォルニア州)のCCPA、中国のインターネット安全法、データ安全法など主要国における最新の立法動向をフォロー
◆個人データの利活用と保護のバランスをとるための、ひとつのソリューションとして情報銀行の取組みを紹介