第72回(WEB)M&Aシニアエキスパート養成スクール(認定講座)・認定試験

セミナー

詳細を見る
【期間】
〔WEB講座〕2021年4月27日~5月30日
〔試験〕6月12日(東京・福岡)、6月19日(大阪・名古屋)

日本経済の成長を支えてきた中小企業において、現在、多くの企業が経営者の世代交代期を迎えています。中小企業経営承継円滑化法や事業承継ガイドラインが制定されてきたとおり、中小企業の事業承継対策が日本経済において重要な課題となっています。
M&Aシニアエキスパート認定制度は、こうした社会状況に鑑み、中小・零細企業の適切・円滑な事業承継・ビジネスマッチングを支援する人材、とりわけ事業承継対策の重要な選択肢の一つであるM&A(合併・買収)に精通した人材の養成を通じて、中小・零細企業の経営の安定・持続的成長、経営者・従業員の生活基盤の安定、ひいては日本経済の持続的発展・成長に資することを目的としています

認定講座である養成スクールでは、累計6,000件以上のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターの成功事例をスクールの題材にふんだんに盛り込み、ナレッジからスキルへと展開する実践的な講義を行います。また、成功事例のみならず失敗事例やトラブル防止対策など、書物からでは絶対に学ぶことのできない実践スキルを惜しみなく公開します。
認定講座の受講によりM&Aの実務スキルはもちろん、経営戦略や経営課題といった経営の根幹に関わる戦略的な提案ができるようになり、将来の幹部候補となるような人材育成にも大いに役立ちます。
認定講座終了日翌日には、本認定講座修了者を対象として「M&Aシニアエキスパート認定試験」を実施し、その合格者には「一般社団法人金融財政事情研究会認定M&Aシニアエキスパート」の称号が授与されます。