フィンテック・キャッシュレス化の進展に金融機関はどう対応すべきか(第5回)

セミナー

詳細を見る
〔日時〕2019年4月22日(月)13:30~16:50
〔会場〕金融財政事情研究会 本社ビル2階会議室 (東京)
〔費用〕21,600円(テキストを含む。消費税込み)

少子高齢化社会の下で人口減少に直面する地域において、金融機関、金融機能はどのような役割を担うべきでしょうか。フィンテックやキャッシュレス化の進展が社会インフラの大きな役割を担っている北欧諸国の事例を中心に考察し、わが国における今後の展開を探求します。
本セミナーではこうした問題意識に基づきシリーズで追究します。第5回目の今回は、柴山和久氏(ウェルスナビ代表取締役CEO)、中曽宏氏(大和総研理事長)からレクチャーをいただき、その後、近藤章氏(前国際協力銀行総裁)に加わっていただいてパネルセッションを行います。