金融法務懇話会・債権管理フォーラム合同特別セミナー

セミナー

詳細を見る
〔期間〕2019年10月30日(水) 14:00~17:00
〔会場〕金融財政事情研究会 本社ビル2階会議室
〔費用〕5,500円(消費税込み)

2017年5月に成立した「民法(債権関係)改正」が、いよいよ来年4月1日に施行されます。  改正法は多くの分野に及び、実務上対応を迫られる点が少なくありませんでしたが、施行が目前に迫ってきたことで、条文の解釈や新しい制度の運用に一定の方向性が見えてきた面もあります。
そこで今回、法務省民事局参事官室において立案・検討段階から改正作業に携わられた弁護士の松尾博憲先生を講師にお招きし、金融分野への影響が大きい「保証」、「約款」、「債権譲渡」、「消費貸借」などのテーマを取り上げ、改正法対応で求められる点と留意すべき点を解説するセミナーを開催いたします。講師には、改正の概要から具体的な対応ポイントまで、詳細にご講演いただきます。
2020年4月に施行される民法(債権関係)改正。検討課題と留意点の“最終確認”に、この機会をぜひご利用ください。