第91回トップマネジメントセミナー2019 破壊的デジタル革命(ディスラプション)と「顧客本位」「金融仲介」の最適解

セミナー

詳細を見る

〔期間〕2019年7月26日(金)
〔会場〕明治記念館(東京・元赤坂)東京都港区元赤坂2-2-23
〔費用〕45,360円(税込)


経済活動や日常生活のあらゆるシーンでデジタル革命が進行するなか、金融機関にも「ディスラプション」(破壊的影響)の大波が押し寄せています。未来の金融はこれまでの延長線上にはありません。マイナス金利政策の継続や地方経済低迷といった厳しい経営環境に加え、超高齢社会の到来、キャッシュレス化、情報の利活用など、社会的課題に対応していくためには、これまでの金融ビジネスのあり方を非連続な発想で問い直す必要があります。
一方で、劇的に変化する社会経済にあっても、人と人のつながりや、お客さまとの信頼関係は不変であり、それらはAIやロボットでは生み出すことができない価値です。
本セミナーでは、金融機関の強みである「顧客基盤」「信用」「信頼」を、金融ディスラプションのなかでどう活かしていくか、ビジネスモデル変革の方向性を探ります。