リース取引がよくわかる講座

通信教育

詳細を見る
受講者多数講座(4位)

■リース取引は、税務、会計、法律という複数の制度のうえに成り立っています。顧客のニーズに合った営業活動を推進していくためには、ひとつひとつの制度に対する理解が欠かせません。
■近年、リースをめぐっては、会計基準の変更をはじめ実務に大きな影響を与える制度改正が相次いでいます。また、リース物件の多様化や取引手法の高度化などにより、さらに専門的で正確な知識が必要とされています。
■本講座は、リース業務に初めて携わる方が、リース取引に関する基礎知識を習得できるよう体系的に解説しています。また、具体的な事例やIFRSなど最新の動向にも触れ、より実務的な内容となっています。