ケースで学ぶ ハラスメント対策講座


詳細を見る
2019年4月改題・改定
セクハラ、パワハラ、マタハラなど、 明るい職場づくりのためのハラスメント対策を ケーススタディで解説。

■金融機関および事業会社で起こりがちなケースを厳選し、解説しています。
■管理職はもちろん従業員まで、ケーススタディを通じて“正しい知識”と“当事者意識”を身につけることで、ハラスメントの発生を未然に防止します。
■喫緊の課題とされるハラスメント対策を講じることは、生産性や意欲の低下、さらには企業イメージの悪化など経営上の損失を防ぎ、誰もが働きやすい明るい職場づくりへとつながります。