Q&Aキャッシュレス決済がよくわかる講座

通信教育

詳細を見る
キャッシュレス決済の現状と今後の動向、関連法制度の見直しとその影響を理解することで、取引先支援、リテール戦略に活かす!

■政府は「未来投資戦略」のなかで、2027年までにキャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とする数値目標を設定しています。これを受け、民間企業によるキャッシュレス決済推進が活発化し、QRコード等、多様なキャッシュレス決済サービスが登場しています。
■“キャッシュレス化”は、単に、決済手段の非現金化を意味するだけでなく、「情報の利活用」「インバウンド対応」「人手不足への対応」など、日本の産業が抱える大きな課題の解決に向けた“処方箋”として期待されています
■地域金融機関には、地方創生に向け、地域企業の生産性向上に資する金融仲介機能の発揮が強く求められています。特に、中堅・中小企業では、キャッシュレス決済に対する理解が遅れているといわれており、金融機関にはこのような面からの経営支援も期待されています。
■本講座は、キャッシュレス決済の現状と今後の動向、関連法制度の見直しと、その影響を理解することで、取引先支援、今後のリテール戦略に活かす力を養成します。