取引先支援のための人手不足解消講座

通信教育

詳細を見る
2019年10月新規開講
「人手不足」に悩んでいる取引先に対する支援策を徹底解説!!

  • 中小企業の人手不足が深刻化しています。帝国データバンクの動向調査では、2018年の「人手不足倒産」は153件発生し、前年比44.3%の大幅増となり、5年前と比べて4倍以上にも膨れ上がっています。

  • このような状況のなかで、金融庁は2018年3月に監督指針を改正し、金融機関による人材紹介業務が付随業務として明確化され、その後、同業務への金融機関の参入が相次いでいます。また2019年4月に改正入管法が施行され、介護や建設など人手不足が深刻な業種を対象に、今後5年間で最大34万5,000人の外国人労働者の受入れが見込まれています。
    しかし、「人を新しく採用すれば解決する」というケースばかりでなく、人手不足を引き起こしている原因や解決策は取引先ごとに異なります。

  • 本講座では、人手不足の現状や人手不足への支援策、また昨今注目されている外国人採用への対応を始め、人手不足に悩んでいる取引先に対する具体的な支援策についてわかりやすく解説します。