きんざい Online

スマートフォン、PCで、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1,320円/月)になりました。記事単位での購入も可能です。※「週刊金融財政事情」は1950年に創刊された、金融界と歩みをともにしてきた日本で唯一の金融専門誌です。

2020.04.13.

<特集>解禁進む銀行の副業・兼業

社員の成長を促す多様な働き方
軋轢を恐れず一歩を踏み出すことが制度定着のカギ


週刊金融財政事情 2020年4月13日号

 政府が2018年1月にモデル就業規則を改定し、副業・兼業を「原則禁止」から「原則自由」としたことで、副業・兼業を容認する企業が増えている。従来は制度導入に消極的と思われていた金融機関においても、副業・兼業制度を導入する動きが広まってきた。社員の多様な働き方を受け入れる仕組みを整備することで、職場の魅力を高めたり、社員の成長を促したりすることが狙いだ。


本記事をお読みいただくには会員登録と購入が必要です。詳細はこちらからご確認ください。