きんざい Online

スマートフォン、PCで、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1,320円/月)になりました。記事単位での購入も可能です。※「週刊金融財政事情」は1950年に創刊された、金融界と歩みをともにしてきた日本で唯一の金融専門誌です。

2020.09.23.

<特集 資本支援の新たな胎動>検査マニュアル廃止と規制緩和で動き出す中小企業への資本支援

中小企業の債務超過問題と金融機関による資本支援のポイント

金融庁 監督局 地域金融企画室長 / 日下 智晴

週刊金融財政事情 2020年9月21日号

筆者は地銀に長らく勤務しながら、地域金融機関こそが企業の資本支援の担い手にふさわしいと考えてきた。そして今、多くの金融関係者が中小企業への資本支援の必要性に気付き、新たな胎動が見られることは大変喜ばしい。また、間接金融の下で定着していた中小企業金融の慣行も、金融検査マニュアル廃止や近年の規制緩和で大きく変わる予感もある。本稿では、金融機関による中小企業への資本支援において問題となるポイントを列挙し、今後の実務への足掛かりとしたい。

本記事をお読みいただくには会員登録とご購入が必要です。詳細はこちらからご確認ください。