きんざい Online

スマートフォン、PCで、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1,320円/月)になりました。記事単位での購入も可能です。※「週刊金融財政事情」は1950年に創刊された、金融界と歩みをともにしてきた日本で唯一の金融専門誌です。

2020.10.12.

<特集新体制の金融行政>コロナ禍を乗り越える金融行政の針路

コロナ禍を乗り越える金融行政の針路

インタビュー
金融庁 長官 / 氷見野 良三

週刊金融財政事情 2020年10月12日号

コロナ禍の2020年7月、氷見野良三氏が金融庁長官に就任し、新体制の下で金融行政がスタートした。8月末には「コロナ対応」を最優先課題に掲げた今事務年度の金融行政方針が発表され、その中にはポストコロナを見据えた多様な重点施策も盛り込まれた。金融機関はただでさえ低金利環境が続く厳しい経営状況の中で、コロナとの戦いにも打ち勝たなければならない。菅総理の発言から地銀再編への関心も高まる中で、新体制の金融行政はどのような針路を取るのか。さまざまな視点から氷見野長官に話を聞いた。



本記事をお読みいただくには会員登録とご購入が必要です。詳細はこちらからご確認ください。