きんざい Online

スマートフォン、PCで、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1,320円/月)になりました。記事単位での購入も可能です。※「週刊金融財政事情」は1950年に創刊された、金融界と歩みをともにしてきた日本で唯一の金融専門誌です。

2020.11.16.

<特集聖域なき「地銀再編」>政府の姿勢次第では地銀の経営統合に拍車も

政府の姿勢次第では地銀の経営統合に拍車も

編集部
週刊金融財政事情 2020年11月16日号

「数が多過ぎるのではないか」──。菅義偉首相が自民党総裁選の出馬会見でこう発言したことで、地方銀行の再編が風雲急を告げている。11月27日には独占禁止法の特例法が施行され、同一地域内の経営統合のハードルが事実上なくなる。さらに日銀では、地銀や信金が経営統合することなどを要件に、日銀当座預金に特別付利を行う時限措置を導入する。金融庁も再編の促進を含む経営基盤強化のための環境整備を進める構えだ。コロナ禍で経営の持続可能性はこれまで以上に問われており、地銀再編が本当に加速するかもしれない。

本記事をお読みいただくには会員登録とご購入が必要です。詳細はこちらからご確認ください。