きんざい Online

スマートフォン、PCで、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1,320円/月)になりました。記事単位での購入も可能です。※「週刊金融財政事情」は1950年に創刊された、金融界と歩みをともにしてきた日本で唯一の金融専門誌です。

2021.02.22.

<特集 始動! デジタル貿易金融>世界各地で産声を上げるデジタル貿易プラットフォーム

世界各地で産声を上げるデジタル貿易プラットフォーム

編集部

週刊金融財政事情 2021年2月22日号

膨大な紙の書類に基づいて、さまざまな手続きを必要とする貿易取引。ブロックチェーン技術の登場により、世界各国で貿易業務のデジタル化が急速に進展している。その牽引役となっているのが大手銀行だ。ブロックチェーンのデジタル貿易プラットフォームを運営する事業者と連携し、取引先のデジタル化対応を支援している。貿易取引に係る各種手続きのデジタル化により、今後5年間で金融業界のオペレーションコストは約600億ドル削減されるとの試算もある。銀行にとっても貿易業務のデジタル化に取り組む意義は大きく、世界の貿易取引は銀行主導の下大きく変わろうとしている。

本記事をお読みいただくには会員登録とご購入が必要です。詳細はこちらからご確認ください。