きんざい Online

スマートフォン、PCで、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1,320円/月)になりました。記事単位での購入も可能です。※「週刊金融財政事情」は1950年に創刊された、金融界と歩みをともにしてきた日本で唯一の金融専門誌です。

2021.03.01.

<特集 バイデン政権、変わる世界>「脱トランプ」を急ぐバイデン政権のかじ取り

「脱トランプ」を急ぐバイデン政権のかじ取り
大規模な経済政策が米国の景気回復を力強く後押し


第一生命経済研究所 主任エコノミスト / 桂畑 誠治
週刊金融財政事情 2021年3月1日号

 バイデン政権は、トランプ前政権の新型コロナウイルス対策を大幅に見直すほか、気候変動、移民政策、国際機関との関わり方についても百八十度の政策転換を進める。さらに、足元では総額1.9兆ドルの経済政策を予定していることから、短期的に経済成長が押し上げられ、米国のGDPは2021年中にコロナ前を上回る可能性がある。加えて、トランプ政権時代には実現しなかった大規模なインフラ投資を通じて、米国経済が中期的に上向くことも期待される。


本記事をお読みいただくには会員登録とご購入が必要です。詳細はこちらからご確認ください。