きんざい Online

スマートフォン、PCで、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1,320円/月)になりました。記事単位での購入も可能です。※「週刊金融財政事情」は1950年に創刊された、金融界と歩みをともにしてきた日本で唯一の金融専門誌です。

2021.04.27.

<特集 検証 地銀の持株会社>

地銀による持株会社化の効能と成否を分けるカギ
求められる「銀行員」の発想からの脱却


東洋大学 国際学部 教授 / 野﨑 浩成

週刊金融財政事情 2021年4月27日号

これまで地銀が持株会社を新たに設ける事例は、経営統合を前提としたものがすべてであった。しかし、広島銀行による持株会社の設立は、再編を前提としていないことから、これまでとは一線を画している。また、十六銀行や北國銀行、沖縄銀行など、ほかの地銀にもこうした動きが広がりつつある。本稿では、地銀による持株会社の変遷を追った上で、地銀が持株会社化を選択することが経営効率や戦略展開の機動性などの点で合理的といえるのか、経営統合を「伴う場合」「伴わない場合」の視座から解説したい。

本記事をお読みいただくには会員登録とご購入が必要です。詳細はこちらからご確認ください。