トップ鼎談
お客さまにしっかり寄り添い、何でもご相談いただける「かかりつけ医」になる
〔週刊 金融財政事情 2020秋季合併号掲載〕
※本鼎談は2020年8月26日に実施したものです。

コロナ禍の今こそ、私たちが頑張るべき局面
武蔵野銀行 頭取 長堀 和正(ながほり かずまさ)氏
1961年生まれ。84年武蔵野銀行に入行。06年戸田西支店長、08年越谷支店長、10年総合企画部長、11年執行役員総合企画部長、14年常務取締役、17年専務取締役などを経て、19年6月から現職。


異業種企業や規模の大きい中堅企業とのM&Aが重要に
株式会社日本M&Aセンター 社長 三宅 卓(みやけ すぐる)氏
1952年生まれ。77年日本オリベッティに入社。91年日本M&Aセンターの設立に参画。92年取締役に就任。以後、数百件のM&A成約に関わる。08年より現職。日本M&Aセンターは06年に東証マザーズ、07年に東証一部に上場。

[コーディネイター]
株式会社きんざい社長 加藤 一浩(かとう かずひろ)
1962年生まれ。86年株式会社金融財政(現株式会社きんざい)入社。出版部・業務企画部等を経て2011年取締役出版部長。13年6月より現職。17年からきんざいグループ代表。

全先調査を実施しお客さまニーズを把握

「10年ビジョン」でも掲げた役務取引等利益が好調

きめ細やかな相談対応を展開

「拙速は巧遅に勝る」で経営のスピード感を重視する