事業承継・M&A

日本経済の成長を支えてきた中小企業において、現在、多くの企業が経営者の世代交代期を迎えています。中小企業経営承継円滑化法や事業承継ガイドラインが制定されてきたとおり、中小企業の事業承継対策が日本経済において重要な課題となっています。

事業承継・M&A総合支援資格認定制度

 多くの企業が経営者の世代交代期を迎え、中小企業経営承継円滑化法や事業承継ガイドラインが制定されるなど、中小企業の事業承継対策が日本経済において重要な課題となっています。
この様な課題に対応するため一般社団法人金融財政事情研究会と日本M&Aセンターおよび株式会社きんざいが共同で、事業承継・M&A総合支援資格認定制度を整備設立いたしました。

事業承継・M&A総合支援資格認定制度の体系

 本認定制度は、基本的な知識を身につけることができるスタンダード編「事業承継・M&Aエキスパート試験」と、アドバンス編の「事業承継シニアエキスパート養成スクール・試験」、プロフェッショナル編の「M&Aシニアエキスパート養成スクール・試験」からなる事業承継・M&A総合支援資格認定制度となります。

関連情報