人気書籍ランキング

第1位

個人金融資産2000兆円 山は動くか

2022年は資産運用元年!
トラウマを乗り越え「貯蓄から投資」を実現する最後のチャンス
金融のあり方を「波平さんモデル」から「人生100年モデル」に――

バブル崩壊後、四半世紀近く続いた円高・株安の「雪の時代」に負った資産運用の傷は「雪解け」とともに癒えつつある。銀行に預金をしておけば資産形成ができた時代は終わった。預貯金一本足打法から転換し、お金に働いてもらう必要がある。資産運用の重要性を理解し、「腹落ち」させるための1冊

第2位

Q&A令和3年改正民法・改正不登法・相続土地国庫帰属法

所有者不明土地の解消に向けた新制度について背景から実務上の要点まで立案担当者が詳しく解説!

■所有者不明土地の発生予防と利用の円滑化のための新制度について、全153問のQ&Aでわかりやすく詳説。
■相続登記の義務化、相続土地国庫帰属制度の創設、所有者不明土地管理制度の創設、長期間経過後の遺産分割の見直しなど、重要な改正事項や新設制度を網羅。
■弁護士・司法書士・土地家屋調査士や自治体職員、企業法務家必読の1冊。

第3位

Q&A改正公益通報者保護法

・2022年6月1日に施行された改正公益通報者保護法、指針、指針解説に全面対応。
・改正部分も含めた公益通報者保護法のポイントをQ&A形式で、新任担当者にもわかりやすく解説。
・実務的な観点から内部通報制度の設計や運用の見直しの論点を整理。
・内部通報に対して向き合う全ての人に向けた必携の1冊。

第4位

少額短期保険の実務―保険業界の新たなイノベーション

既存の保険業だけではなく異業種の顧客基盤も活用した新しい保険マーケットはどのように創出されるのか
●保険業界内外からの新規参入が相次いでいる少額短期保険業の実務を法規制を踏まえながら具体的な事例をまじえて解説
●少額短期保険への参入を検討する保険会社や他業界の関係者、保険業界にかかわる弁護士・コンサルタント等にとって必携の実務書、待望の刊行!

第5位

地域金融機関の有価証券運用【第2版】

金融機関における自己勘定投資業務の研修に最適のテキスト、待望の第2版
・「ANAMダッシュボード®」で有価証券リスクの全貌を把握
・コロナ禍に見舞われた市場でリスク予兆指標が機能したかを検証
・バーゼルⅢ最終化で必要となる対応を洗出し
・新たな金融商品として浮上した暗号資産の仕組みを解明