新規講座の一覧

<2023年12月1日新規開講>

FP提案力 養成講座

FP知識を活用し、お客さまへの提案につなげる!
■「FP技能検定に合格したものの学習した知識の活用方法がわからない」といった方向けに、具体的な提案方法が学べる講座となっています。
■添削課題は具体的な設例を基に、顧客からの相談事項に対してどのようにアドバイスしたら良いかといった点や、提案上必要な知識を問う形式です。全設問が記述式の問題となっており、実践的な力を身に付け、養うことを目的とする内容です。

<2023年12月1日新規開講>

Web課題対応-金融機関職員のための生成AIがよくわかる講座

「ChatGPTはなぜ自然な会話ができるのか」という素朴な質問に、「それはですね」と説明できるようになります
■米OpenAI社のChatGPTをはじめとする生成AIは、ビジネスや教育分野など、さまざまなサービスを一変させる技術として注目を集めています。
■本講座では、生成AIに関する基本的な知識、金融機関業務にもたらす影響と今後の展望、情報セキュリティやコンプライアンス面などの各種リスク面の課題等について、直観的に理解ができるようにわかりやすく解説します。

<2023年11月15日新規開講>

Web課題対応-販路開拓診断士養成講座

金融庁監督指針によれば、「顧客企業の経営目標の実現や経営課題の解決に向けて、顧客企業のライフステージ等を適切かつ慎重に見極めた上で、当該ライフステージ等に応じて適時に最適なソリューションを提案する」こととされており、その手段の1つとして、「ビジネスマッチングや技術開発支援により、新たな販路の獲得等を支援」が期待されています。

<2023年10月15日新規開講>

営業店のための Q&A 人材紹介事業がよくわかる講座

取引先の「人」の課題にどう対応するか! 「経営課題の明確化」から「定着支援/モニタリング」まで取引先に寄り添った伴走支援が求められる
■本講座では、主に地域金融機関の営業店の行職員を対象に、人材紹介事業の概要、考え方、押さえておくべきポイントをQ&Aで解説します

<2023年9月15日新規開講>

シンNISA講座 ~事例と話法でよくわかる活用術~

2024年1月改正対応!!地域金融機関が、ネット証券と差別化し顧客に貢献するには、何を理解すればいいのか?回答はこの通信講座にあります!!
■2022年11月に決定された、政府の「資産所得倍増プラン」では、日本の家計金融資産の半分以上を占める現預金を投資に繋げることで、持続的な企業価値向上の恩恵が資産所得の拡大という形で家計にも及ぶ「成長と資産所得の好循環」の実現を目指すとされ、「シンNISA制度」は核心に位置づけられています

<2023年5月15日新規開講>

Q&A変わる経営者保証と実務対応講座

Q&Aで速習!顧客への説明・記録はこれで万全!!
■2023年4月施行の改正監督指針により、経営者個人が負う「経営者保証」に関する説明強化が金融機関に求められます。特に、経営者と保証契約を締結する際には、客観的合理的理由が求められ、「どの部分が十分ではないために保証契約が必要なのか」「どのような改善を図れば保証契約の変更・解除の可能性が高まるか」について、個々の状況に応じた具体的な説明が必要となります

<2023年4月1日新規開講>

金融窓口サービス実践講座

■金融窓口サービスで求められる、事務知識、商品知識、コンプライアンスの知識からCS、セールス・相談業務の基本まで幅広い分野を学び、お客さまから信頼される行職員になるための知識を習得できます。

<2023年4月1日新規開講>

顧客本位のための投資信託販売に強くなる講座

■本講座では、お客さまのニーズや知識・経験・資金使途等に即した投信販売・提案に向け、アドバイスやセールスで必要とされる投資信託の仕組みや特性、販売体制・手続、コンプライアンス等を総合的に解説します。販売ルールや顧客対応・トラブル対応についても、事例を通じてポイントが理解できます。

<2023年4月1日新規開講>

でんさい・出納・手形交換に強くなる講座

電子記録債権「でんさい」および出納・手形交換の実務ノウハウをQ&Aでわかりやすく解説!
■今後、事業者の決済手段の主流となりうる「でんさい」の導入により、金融機関は、取引先の囲い込み、手数料収入の確保や事務コストの削減等が可能となり、大きくビジネスチャンスが拡がります。

<2023年4月1日新規開講>

マネージャーのための労務管理講座

営業店の現場で日常的に起こりうるトラブルへの対応策を会話形式でわかりやすく解説!
■新任支店長と顧問弁護士とのリアルで臨場感のある会話を通じて、管理者として必要な基本的知識とトラブル発生時の対応策について、各テーマ別に実践的に学習していきます。

<2023年4月1日新規開講>

取引先企業との伴走型支援実践事例コース

■新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの企業で売上げが減少するなど深刻な影響を受けました。金融機関においては、コロナ禍の状況を見極め、取引先企業の本業支援、経営改善支援を行うことが重要となります。

<2023年4月1日新規開講>

決算書とビジネスモデルをもとに経営者と語り合う方法を学ぶ講座

次のような職員にはぜひご受講をお勧めします!!
■支店にかかってきた社長からの電話は、いったん切り、折り返しにしている。稟議書の所見欄は、財務分析ソフトで算出された財務指標ばかりを羅列している。借りた決算書は、社長の不在を見計らって奥さんに返しに行く。既存先への与信推進は、信用保証協会の「空き枠」を調べることから始める

<2023年4月1日新規開講>

FP実践講座 総合コース

顧客へのアドバイスはFPの提案力で差がつく
知識の習得だけでは終わらせない… 実務への活用に直結した総合的な提案力を手に入れる必読書!
FP知識のリスキリングにより、ビジネスモデルの変化にも対応する “一歩先行く”人材に

<2023年2月1日新規開講>

金融機関での スタートアップ支援の手法がよくわかる講座

■金融行政方針の重要課題であるスタートアップ支援。何を、「学び」「行い」「実現を目指す」のか、その回答が、この通信講座にあります。スタートアップ支援は、「地域振興・地方創生」支援です!

<2023年1月15日新規開講>

金融機関職員のための 伝わるビジネス文書&メールの書き方講座

デジタル化時代の“伝える力”を徹底的に育てる!
■文書やメールを書くことに苦手意識があり時間をとられてしまう方、“できているつもり”で相手を誤解させてしまう方のスキルアップを支援します。