オススメ講座

具体的な事例やIFRSなど最新の動向にも触れ、より実務的な内容!!

リース取引がよくわかる講座

●リース取引は、税務、会計、法律という複数の制度のうえに成り立っています。顧客のニーズに合った営業活動を推進していくためには、ひとつひとつの制度に対する理解が欠かせません。
●近年、リースをめぐっては、会計基準の変更をはじめ実務に大きな影響を与える制度改正が相次いでいます。また、リース物件の多様化や取引手法の高度化などにより、さらに専門的で正確な知識が必要とされています。
●本講座は、リース業務に初めて携わる方が、リース取引に関する基礎知識を習得できるよう体系的に解説しています。また、具体的な事例やIFRSなど最新の動向にも触れ、より実務的な内容となっています

営業店で起こりうる「苦情・クレーム事例」を通じて、「初動対応」の極意を修得する!

≪マンガで学ぶ≫ 苦情・クレーム対応講座

●金融機関に勤める職員にとって、苦情・クレーム対応は避けて通れないものになっています。特に苦情・クレーム対応で難しいとされているのが、「初動対応」です。実際、初動対応に失敗し、以後の解決が難しくなったケースは枚挙に暇がありません。それでは、なぜ初動対応は失敗することが多いのでしょうか。その原因は、突然発生する苦情・クレームに対して、特別な意識もなく、「無為・無策」で対応していることに尽きます。
●本講座では、実際に金融機関で起こった内容に近い苦情・クレーム事例や、今後起こる可能性が高いと予想されるトラブル事例への対応を通じて、苦情・クレームに関する基本的な知識を学び、初動対応の上達を図ります。事例はすべてストーリー形式のマンガで描写し、緊迫感のある現場を再現しています。事例が起きた場面を想定しながら学習することで、短い時間でポイントを学ぶことができます。

住宅ローンの実務知識を習得し、クロスセル・複合取引の強化で収益力の向上を図る実務講座

実践!よくわかる住宅ローン講座

●リテール分野において、各金融機関は、住宅ローンを重要商品として位置づけており、クロスセル・複合取引の推進、継続取引の強化、効率的な案件の獲得を従来以上に重要視しています。
●テキストは、融資の基礎からクロスセル・複合取引をどのように推進すればよいかを学習し、金融機関の収益の向上につなげる内容です。
●融資の実務知識を体系的に習得できると同時に、最新の住宅ローンの諸制度も理解できます。

DX、5G、IoT・・・・・「Society5.0」に向けて、サイバーセキュリティ対策まったなし!

今そこにあるサイバーセキュリティの危機 対策講座

●サイバーセキュリティと聞いて、「サイバーセキュリティはシステム・IT部門が取り組む問題じゃないの?」「すでに対策はできているからサイバー攻撃は関係ない」と思っていませんか。
●サイバー攻撃は、気づかないところで始まっています。「攻撃された」と気づいたときには、情報漏えいや金銭被害がすでに起きていたり、サプライチェーンが受けた被害の影響を受けることもあります。事前の対策に加え、攻撃を受けたときの対応も、組織の今後に大きく影響します。
●本講座は、金融機関で働くすべての方を受講対象としています。営業店・本部で想定される課題をQ&A方式で数多く収録。サイバーセキュリティに精通した強力な執筆陣が、考え方や対応のポイントをやさしく解説します。民間事業者の方にもわかりやすい内容で構成しています。

動産の活用・税金・分割(相続)対策を総合的に考えるFPならではの極意(コツ)を身につける!

FP実践力を身につけるための 不動産・相続・遺言に強くなる講座

●不動産、タックスプランニング、相続・贈与・遺言に関する基礎知識を余すところなく集中学習(第1分冊)
●不動産活用・売買、相続発生時によくありがちな事例を通じて、それぞれどのような対策を立てるべき(だった)かをチャートで見える化! 関連対策編に記載された項目を読むことでさらに理解が深まる!(第2分冊)
●本講座を通じて不動産の活用・税金・分割(相続)対策を総合的に考えるFPならではの極意(コツ)を身につける

キャッシュレス決済の現状と今後の動向を理解することで、取引先支援、リテール戦略に活かす!

Q&Aキャッシュレス決済がよくわかる講座

●政府は2025年までにキャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とする数値目標を設定しています。これを受け、民間企業によるキャッシュレス決済推進が活発化し、QRコード等、多様なキャッシュレス決済サービスが登場しています。
●キャッシュレス化は単に決済手段の非現金化を意味するだけでなく、「情報の利活用」「インバウンド対応」「人手不足への対応」「新型ウィルス対応」など、日本の産業が抱える大きな課題の解決に向けた“処方箋”として期待されています 。
●地域金融機関には、地方創生に向け、地域企業の生産性向上に資する金融仲介機能の発揮が強く求められています。近年、改正が続く資金決済法や割賦販売法、プラットフォーム業者等への規制についても解説します。

NISA制度をQ&Aで解説! 営業推進 の実際、相続・贈与対策への活用、コンプライアンス上の留意点まで詳説

預り資産営業に活かす Q&A NISA(ニーサ)がよくわかる講座

● 平易なQ&A方式で、NISAの特徴や口座開設までの流れ、NISAに適した商品などを解説します。営業戦略上、NISAをどのように活かすのかについて集中して学ぶことで、預り資産営業力の向上を図ることができます。
● 「つみたてNISA」や「ジュニアNISA」のほか2024年1月開講予定の「新NISA」の概要についても解説しており、NISAの最新動向をフォローできます。

50代・60代のシニア層からよく相談される事柄と回答のポイントを[Q&A]によりわかりやすく整理!

50代・60代の心をつかむ シニア層からの相談[Q&A]講座

●定年退職前後のシニア層からの相談に関し、ここは“押さえておきたい”“知っておきたい”内容に主眼を置き、選りすぐりのテーマを「Q&A」方式でわかりやすく整理した講座です。
●年金・社会保険、医療・介護、資産管理、税金などは、定年退職後の生活に不安を抱くシニア層の関心が高い分野といえます。本講座での学習を通じ、“顧客ニーズに沿った対応力”、いわば“顧客の心をつかむ知力”を習得することができます。
●「実際によくある相談(Q)⇒覚えるべき知識(A)⇒こんな会話も可能(応酬話法)⇒具体的な解説」という構成により、初学者でも、見た目から理解しやすいよう工夫しています。

マーケットを見る眼を養い金融経済情報に強くなる

金利・為替・株価に強くなる講座

●マーケット動向を正しくつかむための金融経済情報の見方・読み方を容易にマスターすることができます。
●金利・為替・株価予測の仮想体験などにより、マーケット感覚が自然と身につくよう工夫されています。
●金融人にとって「一般常識」ともいえるマーケット情報を読みこなすための必須講座です。

セクハラ、パワハラ、マタハラなど、 明るい職場づくりのためのハラスメント対策を ケーススタディで解説。

ケースで学ぶ メンタルヘルス対策講座

●金融機関および事業会社で起こりがちなケースを厳選し、解説しています。
●管理職はもちろん従業員まで、ケーススタディを通じて“正しい知識”と“当事者意識”を身につけることで、ハラスメントの発生を未然に防止します。
●喫緊の課題とされるハラスメント対策を講じることは、生産性や意欲の低下、さらには企業イメージの悪化など経営上の損失を防ぎ、誰もが働きやすい明るい職場づくりへとつながります。