オススメ講座

Web課題対応- 国家資格 賃貸不動産経営管理士試験 直前対策講座 [2022年度試験対応]

今注目の新しい国家資格!受験者急増で難問化!! FP、宅建士とのダブル、トリプルライセンスで、不動産経営・管理のエキスパートになろう!!!。
●賃貸不動産経営管理士試験は、FP、宅建士の試験範囲と似ており、実に5割以上が重複しています。FP、宅建士の取得者は、同試験を受験する際において非常に有利となります。

金融窓口サービス技能士受検対策講座(3級テラー業務コース)

「金融窓口サービス技能検定」合格のための基本テキスト!
●国家試験「金融窓口サービス技能検定」の合格を目指すための講座です。
●金融窓口で求められる、事務知識、商品知識、コンプライアンスの知識からCS、セールス・相談業務の基本まで幅広い分野を学ぶことで、お客さまから信頼されるテラーになるための知識・技能を習得できます。

国家資格「貸金業務取扱主任者資格試験」対応

Web課題対応―貸金業務取扱主任者資格試験対策講座

合格レベルの知識を身につける受験対策教材の決定版!
■最新の出題範囲と難易度に対応
貸金業務取扱主任者資格試験の最新の出題範囲を網羅するとともに、難化する試験問題に対応した受験対策教材です。
■テーマ別解説を用意
テーマ別にわかりやすい解説を掲載し、図表・図解も豊富に取り入れています。暗記ではなく、基本的な考え方を理解することで短時間でも効率的かつ体系的な学習を進めることができます。

ソリューション営業のためのFP実践講座

そのFP知識! 実務に活かせていますか!?
せっかくFP資格を取ったのに、実務で全然使えてない……
知識をブラッシュアップして仕事に役立てよう!
実践的なケーススタディとノウハウを多数掲載!!

ポートフォリオ提案スキルアップ講座

個人向けアドバイスは提案力で差がつく! 金融知識と現代ポートフォリオ理論と行動ファイナンスを武器にする“一歩先行く”投資アドバイザーを育成!
●顧客本位の業務運営の確立を目標に、個人投資家(顧客)に対してポートフォリオ運用を活用し、金融資産運用コンサルティングを実践するための能力養成をねらいとしています。

Web課題対応-Q&A営業店のリスク管理講座

営業店で発生しやすい事故、ミスへの対応をQ&Aでわかりやすく解説!!
●金融検査マニュアルが廃止されたことに伴い、コンプライアンス・リスク管理の分野においても、これまでのルールベースでの対応から金融機関の規模・特性に応じたリスクベースでのメリハリのある管理態勢の構築へと対応が変化してきています。
●マネー・ローンダリングや高齢者との取引など、営業店を取り巻くリスクは多様化・細分化しています。さらには、店頭業務の機械化・装備の多機能化やインターネット・バンキングの進展等による営業店業務の急速な変化は、新たなリスクの発生要因ともなっています。

ESG金融実践のためのSDGs入門講座(3カ月コース)

「SDGs」と「ESG」の本質を理解し、新しい事業戦略につなげる!
●なぜ「SDGs」が必要なのか?
SDGsは、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標のことで、国際社会が2030年までに取り組むべき普遍的な目標です。SDGs達成のための実行手段がESGであり、金融機関には、SDGs達成に直接つながる資金の流れを生み出すことが求められています。SDGsを自らの事業や日々の業務に組み込むとともに、取引先企業におけるSDGsの取組支援に結び付けていくことは、もはや喫緊の課題なのです。

≪マンガで学ぶ≫

Web課題対応-苦情・クレーム対応講座

営業店で起こりうる「苦情・クレーム事例」を通じて、「初動対応」の極意を修得する!
●金融機関に勤める職員にとって、苦情・クレーム対応は避けて通れないものになっています。特に苦情・クレーム対応で難しいとされているのが、「初動対応」です。実際、初動対応に失敗し、以後の解決が難しくなったケースは枚挙に暇がありません。それでは、なぜ初動対応は失敗することが多いのでしょうか。その原因は、突然発生する苦情・クレームに対して、特別な意識もなく、「無為・無策」で対応していることに尽きます。

Web課題対応-金利・為替・株価に強くなる講座

マーケットを見る眼を養い金融経済情報に強くなる
●マーケット動向を正しくつかむための金融経済情報の見方・読み方を容易にマスターすることができます。
●金利・為替・株価予測の仮想体験などにより、マーケット感覚が自然と身につくよう工夫されています。
●金融人にとって「一般常識」ともいえるマーケット情報を読みこなすための必須講座です。

Web課題対応-銀行ジェロントロジストのための 高齢者取引に強くなる講座(2カ月コース)

急速に進む高齢化に対応、実務のポイントを徹底解説!
●長寿化が進展し「人生100年時代」といわれるなか、高齢者との取引機会は増加しています。
家計金融資産の3分の2は60歳以上の世帯が保有しています。金融機関においては、認知機能の低下した顧客への対応や、資産寿命の●延伸支援などが重要度を増しており、ジェロントロジー(老年学)の基礎を踏まえた対応が求められています。