〔週刊 金融財政事情 2020春季合併号掲載〕

*本鼎談は2020年2月4日に実施したものです。

企業理念を軸とした、現場重視のチームワーク経営を実践
肥後銀行 頭取 笠原 慶久(かさはら よしひさ)氏
1962年生まれ。84年富士銀行(現みずほ銀行)入行。みずほ銀行熊本支店長、職域営業部長、みずほ信託銀行執行役員信託総合営業第一部長等を経て、15年6月、肥後銀行取締役常務執行役員監査部長。18年6月肥後銀行頭取に就任。2019年6月九州フィナンシャルグループ代表取締役社長に就任。


大手企業や優良企業をスター企業に育てていきたい
株式会社日本M&Aセンター 社長 三宅 卓(みやけ すぐる)氏
1952年生まれ。77年日本オリベッティに入社。91年日本M&Aセンターの設立に参画。92年取締役に就任。以後、数百件のM&A成約に関わる。08年より現職。日本M&Aセンターは06年に東証マザーズ、07年に東証一部に上場。

[コーディネイター]
株式会社きんざい社長 加藤 一浩(かとうかずひろ)
1962年生まれ。86年株式会社金融財政(現株式会社きんざい)入社。出版部・業務企画部等を経て2011年取締役出版部長。13年6月より現職。きんざいグループ代表。

顧客起点の姿勢で日本経営品質賞を受賞

企業理念が現場の隅々にまで浸透

感度の高さで熊本のTPMセミナーが満席に

「現場が強い組織」をつくっていく